子どもの心理相談を専門に相談所を開設しております。

「男の子の子育ては大変です。話を真面目に聞いてくれない…」というお母さまのぼやきをお聞きすることがあります。
こちらが一生懸命話していても聞いているのかわからない等々。

男女にはコミュニケーションの取り方に違いがあります。
それは小さな頃から見られるものですが、

女性は、言葉で共感することで人との距離を近づける行動をとります。

ですから、「かわいい」「大好き」等、気持ちを言葉で表現することが上手で、表現する言葉も豊富です。

逆に、男性は、同じ行動をすることで親密さを表します。

例えば、サッカーを一緒にしたらもう仲良し等、行動で気持ちを表すのですね。

だから男性にとっては、皆が何をしているのかがとても重要な情報なので、視覚的な情報をキャッチするのが上手なのでしょう。

言葉よりも目に入ったものに気持ちが向きやすいので、
男の子に注意をするときは、言葉で注意するよりも見せることで伝える方が入りやすいのです。

脳の使い方に男女差があるからなのでしょうね。

お子さんとの関わり等、何かご質問がありましたら、お気軽にご連絡してくださいね。